みんなのますく 1.0 β版 【派生版/手縫いあり/フィット感と見た目重視】

2020-3-6

みんなのマスク実行委員会 さん

lightbulb_outline このマスクについて

1枚あたりの材料費(円): 30

こちらは手縫いありで最短所要時間は9分。https://www.mask-for-all.com/recipes/17 がオリジナル版です。こちらも簡単に作成できて、見た目も付け心地も良いですが、さらに誰にでも関単に作れるという点においてオリジナルの座を渡してこちらを派生版としました。

作ろうと思ったきっかけ
誰でも作れるマスクを作ってみたかった

lightbulb_outline 材料 error_outline
マスク作りのために不要不急の素材買い占めを行うことがないよう心掛けてください。
特に滅菌ガーゼやリント布、医療用不織布の不足が問題になっているためご配慮お願いします。
マスクそのものと同様に必要な人に必要なものが届くようみんなで協力していきましょう。
さらし(布などで代用可 17cm x 34cm
リードペーパー(同類のもので代用可 1枚
柔らかい紐(同類のもので代用可 25cm x 2本
(道具) はさみ、針と糸、クリップ、型紙(量産する場合)

lightbulb_outline 作り方

Step 1

①左は、作業台の清掃用品とハサミです。②中央左は、針と糸、マスクの耳掛けとして使う紐です。クッションヤーンと書いてある紐は100円ショップの編み物コーナーにある肌触りが良く少し弾性もあるのでおすすめの材料です。③中央右は、フィルターとして用いるキッチン用品でおなじみリードペーパーです。他のキッチンペーパーと比較し、きめが細かくかつ通気性も確保できると考えています。④右は、マスクボディとして使うさらしです。肌触りが良く、写真にある量(1反(10m))でマスクが約58個分作れます。※この写真にない分量外のものとしてマスク用紐の調整にクリップを4本使っています

Step 2

さらしを袋から取り出します。マスクを量産する場合は型紙を用います。今回は"17cm x 34cm "で切り出していくため段ボールを切り出して型紙としています。

Step 3

型紙をさらしに巻き付けて折り目を付けていきます。素材にほつれていない耳がある場合は長辺に耳が来るように切り取ります。型紙を使わない場合は定規で測って印をつけましょう。

Step 4

折り目に沿ってハサミで切り出していきます。ここまでの手順はオリジナル版とほぼ同様です。こちらの作り方は、この後に縫い合わせがあるため布と端と端ができるだけ合っている方が作業がしやすいです。

Step 5

この作成方法では、布を針と糸で縫い合わせます。

Step 6

切り取った布の耳側を綺麗に合わせて折りたたみます。

Step 7

先の手順でハサミを使ったて切った箇所を縫い合わせます。

Step 8

2辺を縫い合わせた状態です。縫い終わった見てわかるように縫い方はある程度汚くても大丈夫です。

Step 9

先に縫い合わせた側が内側になるように布の表裏をひっくり返します。

Step 10

ひっくり返した後の状態です。縫い目が内側に隠れました。

Step 11

開いている側をつかみ内側半分まで折り返します。これでマスクボディは完成です。

Step 12

次に、マスクのフィルターを作ります。先に作ったマスクボディ、リードペーパー、ハサミを準備します。

Step 13

今回のマスクはマスクボディの中にリードペーパーを入れる構造になるので、マスクボディの中に入る大きさに合わせて、リードペーパーを切っていきます。中に納まれば多少のズレは気にする必要ありません

Step 14

マスクボディの中にフィルターが収まりました。このマスクは布と紙の2重構造で、フィルター部を取り出し可能にすることにより、布素材の肌触りや通気性、紙製品のきめの細かさや使い捨てできるインスタント性、フィルターとして一部を捨てることを割り切ることでの仮にマスクボディを洗濯した際の乾燥の早さを狙っています。

Step 15

マスクに使う耳紐をカットします。今回使う柔らかい紐の場合は25cm程度あれば十分です。予めサイズが分かっている場合は指定サイズをカットしてください。

Step 16

クリップ等を用いて紐の長さを調整します。

Step 17

調整した後は紐を任意の長さにカットし、マスクボディに縫い付けていきます。

Step 18

縫い付ける方法ですが、引っ張った時にマスクと紐が取れなくなっていればどのような方法でも問題ありません。表と裏に往復4-5回糸を通せば問題ないレベルになると思います。

Step 19

4か所全ての紐を縫い付けたら完成です。内側に折りたたんで使いましょう。

Step 20

この方法は輪ゴムを使わないため、少し離れてみると一般的なマスクとの差異は殆ど変わりません。裁縫によるメリットは見た目を綺麗にすることができることと、洗濯が可能になるという点が挙げられます。


質問・コメント・感謝の一言

ツイッターでつぶやく
Facebookでシェアする