ノーズフィッター入りガーゼ立体マスク

2020-4-21

widebridge1125 さん

lightbulb_outline このマスクについて

1枚あたりの材料費(円): 200円くらい

プリントガーゼで作りました。中級者向きです。

作ろうと思ったきっかけ
花粉症と喘息の咳エチケットとして
このマスクの良いところ
立体でノーズフィッターも入っているところ

lightbulb_outline 材料 error_outline
マスク作りのために不要不急の素材買い占めを行うことがないよう心掛けてください。
特に滅菌ガーゼやリント布、医療用不織布の不足が問題になっているためご配慮お願いします。
マスクそのものと同様に必要な人に必要なものが届くようみんなで協力していきましょう。
ミシン糸:100均で生成りを買うと薄い色物なら使えます

lightbulb_outline 作り方

Step 1

型紙を取る。私の作り方では、ネットにある型紙を2枚張り合わせてあります。ゴムの入る折り返しは除いて張り合わせてあります。

Step 2

布の上において、チャコペンシルでなぞり、4枚一緒に待ち針で止めて断っていきます。

Step 3

ここで使っているガーゼは、思ったより発色がきれいなので、あえて裏を表にして使っています。表2枚、裏2枚を中表にして、曲線部を縫い合わせます。縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをしておきます。

Step 4

今縫った曲線部を割って、両側にステッチをかけます。こうすることで、洗ったときに真ん中の縫い代が左右によれなくなり、長く使えます・

Step 5

反対側の曲線部も縫います。そのあと、割ってステッチをかけるのは、細かくてやりづらいところです。ダメなら手縫いでもいいから、縫い代を止めておくことをお勧めします。

Step 6

輪になったものを、縫ったところが正面に来るように置きなおし、上下を縫います。縫うところは図の、チャコで印をつけたところで、下の片側はあえて開け気味にして縫います。

Step 7

縫いを空けたところから、全体をひっくり返して表を出します。

Step 8

ひっくり返すと、ほとんど形ができています。形を整えて、待ち針か仕付け糸で隅まで整えます。特に裏返した口の部分はしっかり整えてください。また、裏返したとき、ノーズフィッターを挟んで、それも待ち針で止めておくといいです。

Step 9

ゴムの入り口を残しつつ、ノーズフィッターを挟んでステッチしていきます。

Step 10

ノーズフィッターのところは、下と上から2回縫って、ノーズフィッターがずれてしまわないようにしています。

Step 11

最後に、マスクゴムを通して出来上がりです。10分で完成とかあるものでできる感じではないですが、完成度と使い心地は抜群です。


質問・コメント・感謝の一言

ツイッターでつぶやく
Facebookでシェアする