みんなのますく 1.0 β版【布製マスク全戸】

2020-3-6

みんなのマスク実行委員会 さん

lightbulb_outline このマスクについて

1枚あたりの材料費(円): 35

本記載は成人男性向けサイズ。最短3分作成。花粉症マスク歴20年の私が考えた布と紙のハイブリッド仕様。使い捨てマスク以上の着け心地と最低限のマスク機能を担保。※以下丁寧に説明するので長くなっていますが、小学生でも十分作れる程度の難易度でとても簡単です※

作ろうと思ったきっかけ
花粉症なのにマスクがないのは死活問題なので自作を考えました
このマスクの良いところ
ミシンがいらないのに着け心地がいいところ

lightbulb_outline 材料 error_outline
マスク作りのために不要不急の素材買い占めを行うことがないよう心掛けてください。
特に滅菌ガーゼやリント布、医療用不織布の不足が問題になっているためご配慮お願いします。
マスクそのものと同様に必要な人に必要なものが届くようみんなで協力していきましょう。
輪ゴム 4本
柔らかい紐(同類のもので代用可 20cm x 2本
両面テープ(できれば布用) 30cm程度
ハサミ 1つ
つまようじ 1本
型紙(量産する場合。段ボールで可。) 17cm x 34cm

lightbulb_outline 作り方

Step 1

まず材料を一覧で紹介します。①左は、作業台の清掃用品とハサミです。②中央左は、両面テープ、マスクの耳掛けとして使う紐と輪ゴムです。クッションヤーンと書いてある紐は100円ショップの編み物コーナーにある肌触りが良く少し弾性もあるのでおすすめの材料です。③中央右は、フィルターとして用いるキッチン用品でおなじみリードペーパーです。他のキッチンペーパーと比較し、きめが細かくかつ通気性も確保できると考えています。メーカーの説明によると立体不織布構造になっているようです。④右は、マスクボディとして使うさらしです。肌触りが良く、写真にある量(1反(10m))でマスクが約58個分作れます。※つまようじと型紙がこの写真に写っていませんが後で登場します

Step 2

さらしを袋から取り出します。マスクを量産する場合は型紙を用います。今回は"17cm x 34cm "のサイズに切った段ボールを型紙として使用しています。

Step 3

型紙をさらしに巻き付けて折り目を付けていきます。素材にほつれていない耳がある場合は長辺に耳が来るように切り取ります。型紙を使わない場合は定規で測って印をつけましょう。多少長さが違っても今回の作り方では問題はおきませんので気楽に素早く作業しましょう。

Step 4

折り目に沿ってハサミで切り出していきます。切っていると多少ズレてしまうかもしれませんが気にせずいきましょう。

Step 5

次は、切り出した布の一部を両面テープで張って筒状の形を作ります。切り出した布、両面テープ、ハサミを使います。

Step 6

布を半分に折り畳んで折り目を付け、縦方向・横方向に両面テープを貼りつけます。布の耳(できるだけほつれていない長辺と)には両面テープを張り付けないようにします。

Step 7

布を二つに折りたたんだ後は、両面テープで張った部分を外側から2-3mm切り取り、初期の切り出しや貼り付けでズレてしまってうまくいかなかったところ等を手直しします。

Step 8

両面テープで張った箇所を手直しした後の状態は、およそ正方形になり写真のように一辺は開いている筒型です。

Step 9

開いている1辺を持ち、中央付近まで折り畳み、折り目を付けておきます。これでマスクのボディとなる部品の完成です。細かく書いていますが、素早く作業すればここまで約30秒程度です。

Step 10

次に、マスクのフィルターを作ります。先に作ったマスクボディ、リードペーパー、ハサミを準備します。

Step 11

今回のマスクはマスクボディの中にリードペーパーを入れる構造になるので、マスクボディの中に入る大きさに合わせて、リードペーパーを切っていきます。中に納まれば多少のズレは気にする必要ありません

Step 12

マスクボディの中にフィルターが収まりました。このマスクは布と紙の2重構造で、フィルター部を取り出し可能にすることにより、布素材の肌触りや通気性、紙製品のきめの細かさや使い捨てできるインスタント性、フィルターとして一部を捨てることを割り切ることでの仮にマスクボディを洗濯した際の乾燥の早さを狙っています。

Step 13

次は耳掛けを作ります。まずマスクを中央まで折り畳み折り目を付けておきます。その後大きな長方形側の四方につまようじで穴をあけ、輪ゴムを通していきます。穴をあける場所は端から3~5mm程度の場所であれば大丈夫です。(紙用の穴あけパンチで代用すると作業が早くなるかもしれません)

Step 14

輪ゴムを通した後、片側の輪に片側の輪を通して結び目を作ります。この作業を4か所で実施します。実は、このマスク作りの中で一番難易度が高い作業はこの輪ゴムを穴に通す作業です。それほど他の作業は簡単です。

Step 15

耳掛けになる素材を切り出します。20㎝程の長さを切り出しておけば後で調整することができます。左右の2本を切り出します。長くマスクを付けていることを考えると耳掛けの素材は柔らかい素材が良いと思います。一度長さが決まればその後は決まった長さを切り出せば問題ありません。※この方法で作成する場合は耳に触れる素材はマスクゴムよりも綿素材等の柔らかいものを使う方が良いものができます。

Step 16

切り出した紐を輪ゴムの輪に結び付けていきます。上側の2つを先に結んでください。

Step 17

マスクを実際に耳にかけて調整を行います。下側の2か所は軽く結び目を作り、鏡の前などでちょうど良い長さに調整してください。

Step 18

紐の長さが決まったら4か所を固く結んで余った紐をハサミで切ります。

Step 19

マスクの完成です。折りたたんだ側が内側(口元側)です。慣れればさらしを袋から取り出してこの状態になるまでに3分以内で作成できます。切り出した布の状態から作業を実施したり、多人数で流れ作業で工程を分担すればもっと早く大量に作れるのでないかと考えています。上記の通りざっくり作っているので粗が目立つかもしれませんが、自分から言わなければ自作のマスクであることはなかなかバレません。簡単なので是非チャレンジしてみてください。

Step 20

最後に、このマスクの特徴をもう一つお伝えします。途中で折り返した部分は、マスクを顔に付けた場合に鼻と頬の空間を埋める役割をしてくれます。折り返した部分に鼻を入れたり、内部を少し折ることで鼻の高さ等にもある程度は合わせることができると思います。実は、試作品を色々作る中でたまたま気が付いたこの現象がマスクの作り方を公開しようと思ったきっかけになっています。

Step 21

色々試行錯誤した中で、最も簡単で満足がいくものをVer1.0β版としました。作ってみたという話や、マスクのフィルターの素材はこれが良いといった話、耳掛けはこれで簡単に結合できるなどのアイデアや意見を募集しています。


質問・コメント・感謝の一言

みんなのマスク実行委員会
女性用サイズ、子供用サイズを作った方はサイズ等を共有していただけると嬉しいです。その他、アイデアや感想等についても気軽にコメントしてください。マスクに困っている人が一人でも多く救われますよう願っています。
ツイッターでつぶやく
Facebookでシェアする