綿とてぬぐいで快適夏マスク

2020-4-15

mikemiyo さん

lightbulb_outline このマスクについて
Wガーゼの蒸し暑さが無い、快適な日本てぬぐいを裏面に使った布マスクです♪肌触りも快適です(*^^*)

作ろうと思ったきっかけ
10年以上前から立体布マスク愛用者。併用していたお気に入りの日本製使い捨てマスクが買えなくなり作ってみる事に!!
このマスクの良いところ
Wガーゼより裁断が扱い易く、単価も安上がり。

lightbulb_outline 材料 error_outline
マスク作りのために不要不急の素材買い占めを行うことがないよう心掛けてください。
特に滅菌ガーゼやリント布、医療用不織布の不足が問題になっているためご配慮お願いします。
マスクそのものと同様に必要な人に必要なものが届くようみんなで協力していきましょう。
表生地 綿100% 裏生地 日本てぬぐい

lightbulb_outline 作り方

Step 1

型紙を作り、生地に型どりをします。
無料型紙などDL出来ない方は、お手持ちのマスクを半分におった大きさより少し大きめの所に縫い代線、その8mmくらい外側に裁断線を描きます。
型紙は少し大きめに作るのをオススメします。
型紙は、表と裏、両面使います。
1枚のマスクで、表生地と裏生地分、全4枚作ります。

Step 2

生地を裁断します。
1枚のマスクで4枚の生地があるか、確認します。

Step 3

記事の曲線部分(中央になる部分)を上から下まで縫い合わせます。
1枚のマスクで、この状態のモノが表生地と裏生地1枚ずつあるか確認します。

Step 4

表生地と裏生地の上下を中表で縫い合わせます。
この時、裏生地になる布を表に返して、表生地の表になる側の中に差し込んでカタチを整えます。
両サイドのゴムを通す部分はここでは縫いません。
真ん中の縫い代は表生地と裏生地で左右逆になるよう倒します。
上下の曲線を縫い合わせたら、縫い代の処理をします。
真ん中の裏表生地、縫い合わせた上下の縫い代に山型の切込みを適当に入れてゴロつきをまぶきます。
この時、切込みを入れすぎて、縫った糸を切らないよう注意します。
抜い終わったら、両サイドのゴム紐部分(開いている所)から指を突っ込み、布を裏返します。
裏返したら、アイロンをかけ布目を通します。
この時、裏生地が表に出ないよう調整ひながら丁寧にカタチを整えます。

Step 5

表生地の面に返したら、布ズレと型崩れを防止するため上下を縫います。表面から縫った方が綺麗に見えます。
次に両サイドのゴム紐を通す部分を1cm弱くらいになるよう三つ折にし、アイロンで線をつけ、二重に縫います。(全長を1往復) ゴム紐の太さにより、幅を広げて下さい。
ゴム紐は片耳28cm~30cm、1枚で2本。自分のサイズに合わせて結び、結び目を縫い代の中に引き込んで完成です。


質問・コメント・感謝の一言

ツイッターでつぶやく
Facebookでシェアする